1. 日本の伝統『そうめん』

オカベの半田そうめん 日本の夏の食卓には欠かせない、風物詩的扱いのそうめん(素麺)。
日差しの暑い夏でも、ひんやりとした喉越しで食欲を掻き立て、子供からお年寄りまで幅広い年齢層に愛されている食べ物です。

古来から続く個性と製麺方法が代々受け継がれ、全国各地でその土地の特色を生かした唯一無二の伝統の味を、今でも手軽に楽しめる素晴らしい特産物となっています。

全国的に有名なそうめんといえば、
 ・秋田県『稲庭そうめん』
 ・富山県『大門素麺』
 ・奈良県『三輪そうめん』
 ・三重県『大矢知手延べそうめん』
 ・兵庫県『揖保乃糸』
 ・岡山県『鴨方そうめん』
 ・香川県『小豆島そうめん』
 ・愛媛県『五色そうめん』
 ・長崎県『島原そうめん』
 ・佐賀県『神崎そうめん』
 ・熊本県『南関素麺』など(※順不同)
がありますが、今回ご紹介する半田手延べそうめんは徳島県の特産品です。

2. 徳島伝統の『半田手延べそうめん』

吉野川の豊かな自然

江戸時代に、船頭たちによって奈良の三輪地区から持ち込まれたそうめん技術を、徳島県つるぎ町の半田地区で冬場に行うようになったのが始まりとされ、吉野川の良質な地下水が原材料となる小麦を育て、山間に吹く寒風がそうめん作りを育んでいます。
半田そうめんは、1.3mm〜1.7mmの太さで作られており、まるでうどんのような強いコシでモチモチした食感を持ち、加えてツルリとした喉越しが特徴です。
初めて食べた人は口を合わせて「これ、そうめん?!」とつぶやくこと間違いなし!

麺の太さが違う

ちなみに、一般的な麺の違いは下記のとおり。
・そうめん:直径 1.3mm未満
・ひやむぎ:直径 1.3mm〜1.7mm未満
・うどん :直径 1.7mm以上

オカベの半田そうめん』は1.3mm〜1.7mmの太さなので、本来なら「ひやむぎ」に分類されるところですが、江戸時代中期から続く伝統技術のため、「そうめん」に分類されています。

うどんより細く、そうめんより太い新食感の『オカベの半田そうめん』は、夏のお中元はもとより、冬のお歳暮などの贈答品としても大変人気で、特に『そうめん』より『ひやむぎ』が好きな方にはピッタリです!
また比較的、賞味期限も長いことと、冷たく冷やしてOK、暖かい料理でもOKと幅広いレシピで美味しく頂けるので喜ばれており、贈られた方がリピーターになるケースも少なくありません。

3.美味しいと評判の『オカベの半田そうめん』は公式がお得

徳島特産のオカベの半田そうめん。どうせ買うならやっぱり公式、品揃えが豊富なんです!
半田手延べそうめんだけではなく、半生うどんやそば、麺つゆをはじめ、サツマイモ(鳴門金時)や100%生搾りのゆず果汁といった徳島県産の特産品が多数取り扱われています。
半田手延べ麺は化粧箱入り&木箱入りを選ぶことができるので、贈答にも最適です。
インターネットを利用した通販に不慣れな人にもわかり易い、ホームページデザインも好評です。

また通販を利用する際には非常に気になる送料が、なんと全国一律300円(一部を除く)と超格安なのも嬉しいですよね!
実家用・自宅用・友人へのお裾分け用とまとめ買いをしたい方や、送料をとにかく安く済ませたい方には、まさに朗報です。

さらに、公式サイトから購入すると1,000円のお買い物で1ポイントが加算されます。
一度食べたら病みつき!リピート間違いなしの『オカベの半田そうめん』だけに、このオカベポイントを利用しない手はありません!

注文時にポイントの使用を申し出るだけで、商品代金に割引が適用となり、お得な価格で半田そうめんを購入することができます。気になる有効期限もありませんので、焦らずゆっくりポイントを貯めることができるのもイイですね。

人気の徳島県産半田手延べそうめんなら、製造・販売のオカベの麺がオススメです!
ネット通販のみならず、電話やFAXからの注文も出来ますので、是非一度お取り寄せで徳島の味をご賞味下さい!